2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 さて、だいぶ間が空いたというか、やたら放置ぎみだったこのカテゴリにも一応の終止符を打ちたいと思います。
この記事を書いている2009年現在、かのトヨタも期間従業員の数を減らすだの、週休3日制になるだのといった話がちらほらと聞こえてきますが、黒犬は現在オーストラリアにいるので、その辺の真偽はさっぱり分からんですな。

 ということで、シメは豆知識といいますか、わざわざ1つの記事にするまでもないネタについて書いて終わりたいと思います。
最後にも関わらずショボい展開なわけですが、それというのも黒犬の将来計画及び生活スタイルが180度方向転換したためです。
期間従業員関連の記事を書き始めた当初は、実はトヨタに舞い戻ることを想定して、自分用にログとして残しておきたかったのですが、現在のところオーストラリアの片田舎でトヨタで稼ぐはずだった将来のための資金を貯めている毎日です。
あの田原での地獄の毎日は、すでに遠い日々となってしまいました。
オーストラリアの大地を踏んでからというもの、嵐のように過ぎ去っていくアグレッシブな毎日に追われ、気がつけば最初の記事を書き始めてから2年が経とうとしていおり、正直かなり黒犬の記憶もあやふやになってきました。
 期間従業員についてこのブログまで辿り着いた皆さんには申し訳ないのですが、こういうお粗末な結末となってしまったことをここでお詫びしておきます。

 ちなみにトヨタに舞い戻るくらいなら、今いるファームに戻ったほうが稼ぎが良いので、黒犬が今後トヨタに戻ることはないと断言しておきます。
オーストラリアは最近景気が下降気味と言われていますが(2009年初頭)、日本に比べればまだまだ良い方かつ労働者不足です。
こう書いてはなんですが、20代の方ならばワーホリを利用して期間従業員ではなく海外に活路を見出してはいかがでしょうか?



 といったところで本題に入ります。
1 田原工場(田原市)について
2 節約して金を貯めるコツ
3 健康保険の延長について
4 出稼ぎ手帳について




1 田原工場(田原市)について

 かの悪名高き田原工場です。地図で見てみると分かると思いますが、
思いっきり地の果てにあります。
田原寮からだとバスで20分くらいです。他の寮だと最悪片道1時間を通勤に費やすことになります。
たまに出勤のバスに乗り遅れたヤツが自転車で来たりしますが・・・全速力で30分といったところでしょうか。
もっとスゴイ猛者はタクシーで来るという荒業をこなします。
それだけ満了金は重要ということです。
実際、田原以外の寮だとバス以外の手段はちと厳しいのが現状です。
で、工場の敷地内はやたら広い・・・というか広すぎです(汗
でも実際のところ、自分の仕事場所以外は知る必要が全くないので、広かろうが狭かろうがはっきり言ってどうでもいいです。

 田原工場のある田原市は、特に名産もなく歴史的にもあまり重要なものはない、つまり観光する必要の全くない市ですw
しかも田原市と名を打ってますが、街並みは実のところ町・・・いや下手すると村レベルの開発度という勢いです。
期間従業員が買い物できるのは田原駅から5分ほど歩いたところにあるジャスコくらいしかありません。マジで。
ほぼ全ての買い物をこのジャスコで済ませなくてはならない、まさに命綱です。
 ちなみに向かいには図書館がありますので、暇を持て余すなら読書でもしませう。
性欲を持て余すなら後述の豊橋市へどうぞ。
アジアン系マッサージでデキるとかデキないとか。(黒犬は行ってないので詳細不明)
田原寮からのバスだとジャスコは15〜20分ですが、ほぼ毎回オール期間従業員で満員御礼という・・・。
(満員すぎて乗車不可という事態もしばしばあります)
 また駅近くにショッピングセンターもどきがありますが、期待してはいけません。実質利用できるのは本屋くらいです。
理由? 行けば分かります(お
そのショボさに愕然とすること間違いなしです。
 あとはパチンコ屋が確認できただけで3件、少し離れたところにファミレスとゲーセン、ホームセンター。これくらいなもんです。
(言うまでもなく2007年の話なので、今は少しマシ・・・かもしれない)
言い忘れてましたが田原寮は寮に隣接してスーパーがあります(これまたショボい)
どうでもいいことですが、田原寮近くにあるラーメン屋(スーパーと同じ道路に面している)はマズかったということも付け加えておきます。

 さて、この工場へと配属された方はまず何もないことに驚く・・・というか呆然とすることうけあいでしょう。
買い物は一応できるのですが、娯楽が何もないに等しいんです。
ということで希望を求めて期間従業員達が、より発展した隣の豊橋市へと向かうことが多いのは自然の流れですが、この豊橋市へ行く場合は気をつけなければならない点が
いくつかあります。
 まず第1に、終電がかなり早い時間であるということ。
これを逃して翌日の仕事に間に合わず満了金を逃してしまう・・・という最悪の事態にならないように。
 第2宿泊できる場所がない。
土曜日なんかは飲みに行ってそのまま漫画喫茶あたりで仮眠・・・などという甘い考えを持っていると泣きを見ます。
飲みの後の仮眠場所として有効な漫画喫茶やサウナ等は駅周辺には一切ありません。
くどいですが2007年の話です
ビジネスホテルなんかはあるのですが、当然ながら真夜中にチェックインは不可なので、土曜日思いっきり飲んで日曜日に田原へ帰ろうというなら、友達とビジネスホテルをシェアするか車で30分走ったところにある健康ランドへ行きましょう(泣
以上の点を肝に銘じておきましょう。
ついでですが、田原駅からバスで15分くらいのところに市立の総合病院があります。



2 節約して金を貯めるコツ

 節約のためにどうすれば良いか、はっきり言いましょう。
自炊です。
出費のうち、一番削るのが容易かつ効果的なのが食費です。
ということで頑張ってエンゲル係数低下に努めましょうw
寮では自炊はご法度となってますが、実際バレなきゃこっちの勝ちです。
炊飯器と無洗米があるだけで、かなり食費が浮きます。
中には、ホットプレートを持ち込んで週末は焼肉という猛者もいます。
工場でのメシはサンドイッチか何かをつくって持っていくか、売店のパンで済ませましょう。
(米飯はオススメしません。GLか誰かが厳しいとチクリの可能性も無きにしもあらずです)
工場内のみならず、寮でも食堂を使うなんざ、もってのほかです。
というのも、社員と期間従業員では払う金額に差があるのです。
差というか、
社員は期間従業員の半額でメシを食える
っていうことなんですが。
社員の人達は組合に入っているので、組合運営の食堂は安く食えるという理由なんですが、期間従業員にとってはイジメ以外の何者でもありません。
期間従業員でも組合に入れるとかいう話を聞きましたが・・・仮に組合に入っても、デメリットの方が大きいような気がします。
食堂でメシを食うのがいかにバカらしいかが分かると思います。
 後はタバコ・酒等の嗜好品を抑えてパチンコ・スロットをやらなければ完璧です。




3 健康保険の延長について

 意外と知られていないようですが、期間従業員を辞めた後でもトヨタの健康保険を延長できます。
月々の金額は約1万4000〜5000円くらいなので、辞めた後に就職先が決まっていれば別ですが、自治体の健康保険に入るより、かなりお得だと思います。
辞める前にGLに聞いておきましょう。
ちなみに月々の支払いが一度でも滞ると、その時点で健康保険は失効しますのでご注意を。



4 出稼ぎ手帳について

 東北なんかでは、今でも当たり前に発行している自治体が多いですが、出稼ぎ手帳なるものを取得することで、人によっては非常に有利となります。
もともとは農家の人たちが、仕事の無い冬に出稼ぎに行くためのものでしたが、今では普通の人でも取得できます。
通常、失業保険金は一定の待機期間の後、何ヶ月かかけて支払われます。
が、トヨタの期間従業員を6ヶ月以上やると待機期間が免除されて、いきなり受給できます。
しかし、出稼ぎ手帳はそれにドライブをかける、いわばゼロヨン仕様の車にニトロ搭載みたいなもんです。
よく分からん例えですが、そういうことです。
単刀直入に言うと、出稼ぎ手帳を申請して取得しておくと待機期間が免除されるばかりか、一括で受給できます。
しかしそう上手くいかないのが世の常であって、出稼ぎ手帳で一括受給すると満額の約60%しかもらえません。
失業保険もらうのに何ヶ月も待ってらんねーという人は、期間従業員になる前に地元の自治体で申請したほうが吉。
東北ではほとんどの自治体で申請できますが、それ以外の地域の場合は自治体によって有るところと無いところがあるので、事前に役所へ問い合わせましょう。
申請には写真がいるので、これも事前に用意しておきましょう。


 あまり大した内容ではなかったですが、これでトヨタ関連の記事を終了したいと思います。


長らくお待たせしました。
トヨタ期間従業員について、今回は初出社とそれにまつわることについてです。

3 初出社

(1) 前日の準備
 といっても、用意するものといえば
 ア 作業帽
 イ 作業服
 ウ 安全靴
 エ メモ帳
 オ もらったプリント類
ぐらいなものです。

おそらくバスが翌日の早朝に用意されるはずなので、早めに就寝しましょう。
初日から遅刻した人の話はまず聞いたことがありませんが、それをやってしまうと取り返しの
つかないことになるかも知れません
・・・。


(2) 当日の行動

 早朝(というかおそらくは夜明けぐらい)に工場へ連れてこられた後、食堂で朝食です。
特に田原工場の場合、バスの下車位置を良く確認しておきましょう。
下車位置を間違えるとハンパない距離を歩く上に、多分迷子になりますので。
あと、食堂は従業員証がまだないため現金払いなので注意。
従業員証は早くて翌々日、遅い場合は1週間かかったという話も聞いています(原因は不明)

 朝食を済ませた後、配属先の課へぞろぞろと連れて行かれます。
たいていCXクラスの人が迎えに来てくれますのでご安心を。
会議室みたいな一室で課についての説明やらビデオ上映やらがありますが、しょっぱなから寝たり
していると当然ですが無茶苦茶怒られます。
何でこういうことをわざわざ書くかというと、同期入社の期間従業員の間で、たいてい1人か2人
はそういった人がいるからです。
俺の時は1名しかいなかったのですが、それだけに集中的にやられていました。
(無論それが後々まで噂され、CLやGLの耳にも入ります)

 その後、各係〜組に連れて行かれますが、その後の行動はGL次第です。
俺のいた組では生産が忙しくて、その日は資料を渡されて自習というか放置プレイでした。
というか、初日どころか4日間その状態が続いていました。
多分そういうことは稀だと思うので、初日はともかく翌日から誰かのサポート(たいてい入れ替わりで
退職する期間従業員の人)につくのが普通でしょう。
その他としては、必要な保護具を受領したりロッカーを割り当てられたりします。
初日はたいしたことはしませんので、わりとユルユルですが気を抜かないようにしましょう。

 ちなみに寮務員さんから説明されると思いますが、同部屋の人達が同じ直とは限りませんので、
色々な意味で注意が必要です。
社会人として基本的なことだと思うので、ここでは説明するまでもないですね。


(3) 役職
 初日からGLだの何だのとワケ分からない単語が実際に飛び出してきますが、ここで少し説明します。
 ア CX・・・課本部での技能指導にあたる人達です。
 イ CL・・・係長です。GLが代行している場合もあります。
 ウ GL・・・組長です。一番接することになる上司です。
 エ EX・・・組での技能熟達者です。
 オ TL・・・班長です。組によっては設置されていないこともあります。
だいたいこのようになっています。課長はそのまま課長と呼ぶようです。



 今回は短いですが、次回は期間従業員生活を送る上での役に立つ情報を書きます。


2 面接・入社編


(1)どうやって期間従業員になるか
 トヨタ期間従業員になるためには以下の2種類の方法がありますが、普通は↓アでしょうな。
このとき気をつけたいのが、「特別報奨金の有無」「入社時期」です。
まず特別報奨金についてはこのところ秋(9〜11月)に入社する期間従業員が支給対象となり、
10万円が支給されます。
これがあると無いとでは雲泥の差があるわけですが、その時期に入社する人達(俺もそうだった)
にはそれなりのリスクが・・・。
というのも、近年は忙しい時期に入社すると約半数が田原工場に配属となるケースが多いそうです。
別に田原工場がどうというわけではないんですが・・・。(田原地区紹介をいずれ書きます)

 また入社時期については、恐らく面接をする際に面接官から告げられると思いますが、先述のよう
に一歩間違うと1ヶ月近くまたはそれ以上の期間、生活費を節約することとなりますので要注意。
生活資金には余力を持たせましょう。少なくとも当面の食費ぐらいは。
というのは、従業員証が渡されるまで食堂利用は現金払いなので。

入社方法
  ア 新聞・求人誌・HPで募集を見て、最寄りの面接会場で面接後、入社。
  イ ダイレクトメール等が届くので、履歴書持参で示された日時に(募集時期の範囲内で随意)
    豊田市へ赴き、入社。(面接なし、経験者のみ)

2007年度に入り、特別報奨金や工場配属について変わったとか変わらないとか・・・。
まだ情報収集中なので、2007年度に入って変わった点があれば別に書きます。



(2)面接
 あなたが住んでいる地域での面接日時は求人誌若しくはHPで確認しましょう。
で、自分の都合の良い日に面接会場へGO。
以上。

・・・では面白くないので、具体的に何をするかというと
  ア 面接官から期間従業員についての概略説明
  イ 履歴書に沿って面接官から簡単な質問(主に身体の異常や病気がないか)
  ウ ばね指等についての簡単な検査(というか変な体操)
  エ こちらから面接官への質問(分からないことがあったら聞いておいたほうが精神的に楽)
  オ 期間従業員になるという最終意思確認
だいたいこういった流れで進んでいきます。
俺の場合は時間にして15分ほど。
面接官は初老のオジさんで、面接というと試験のイメージだけど、比較的くだけた感じでサクッと
済みますた。
服装は何でもOK。
とはいえ、一応常識をわきまえた清潔感のある服装のほうがいいようです。
スーツでなくても大丈夫というか、Gパンでも見た感じを小ぎれいにしておけば全然問題ないかと。
というよりぶっちゃけ、面接官はそんなところはあんまり見ていません。多分。
彼等にとってチェックすべきポイントは
  ア 五体満足身体は丈夫
   (丈夫というのは現在病気・怪我はないかで、四肢欠損、虚弱体質、ケガ・病気持ちでない
    限りOKかと)
  イ ばね指等、腕や指の動きに異常は無いか
  ウ 日本語が普通に話せるか
  エ 期間従業員のシステムを理解しているか
  オ 面接終了後、期間従業員になる意志はあるか
・・・というところではないかと。
上記の事柄は面接官に直接聞いたわけではなく、俺が色々な期間従業員から情報収集して得た結論
なので、あしからず。
で、面接の最後に着任日を選びます。
面接官から提示される選択肢から希望する着任日を選ぶわけですが、ここで先述の賃金関係で言及
したことにならないようにきちんと考えてから選ぶと良いです。

 あと、間違っても愛知県に行ってから面接しようなどとは思わないことです。
(そんな人いないとは思いますが・・・)
入社するとしばらくしてから旅費が支給されますが、その支給額は
「面接を受けた場所から着任する場所までの距離」
となっているので、地元を離れてすぐに入社するつもりで愛知県に来てから面接・・・となると
マジに雀の涙ほどしか支給されません。
同期入社で愛知県内の人がいましたが、その人の支給額は
「1000円にも満たなかった」
そうです(ToT)
俺の場合、青森県からなので37000程でした。
しかも安くするために高速バスを使用した(約15000)ので、差し引き約22000残りました。
最初の給料が入るまでの貴重なツナギです。

 ・・・これを利用すると
「日本全国どこに住んでいようが、北海道や沖縄で面接を受けると、その分の旅費が入る」
ということになります。
旅行に出かける際には旅行先での面接状況を把握しておきましょうw


(3)着任〜入社〜配属まで
 面接終了後、数日後もしくは翌日(!)に封筒に入った書類が届きます。
それが召集令状もとい「出社のご案内」というプリントです。
それをもとに指定された着任会場へ移動・到着し、受付でそのプリントを見せると部屋鍵、洗面器、
シーツなんかが渡されます。
これからここの寮を拠点に健康診断や入社の手続きを行っていきます。
先に書いたように仮の寮ですし、まだ入社が決定したわけではありませんので、借りてきた猫の如く
大人しくしていましょうw
ちなみにその仮の寮こそが悪名高きもとい有名な「田中和風寮」です。
建物を見て和風?どこが?と思ったアナタ。
部屋に入れば、即その意味が分かります。
あえて詳細は書きませんので、田中和風寮での生活を満喫してください。

 で、肝心の健康診断と入社手続きが翌日からボチボチと開始されます。
応募者全員が大きな会場に集められ、丁寧すぎるほどに担当職員が説明してくれますので、流れに
ついては省略して必要と思われる注意点のみ書きます。
まずは健康診断ですが、条件は結構シビアです。
若い人なら問題はないでしょうが、30歳を超えてくると体のあちこちが悪くなってくるということ
が多いと思います。(肩・腰・膝などは特に)
検査時に手を抜いたり前日飲酒してたりすると容赦なく落とされますので注意。
期間従業員経験者は優遇されるという話がありますが、健康診断に限って言えばそれは通用しないと
思っていたほうがいいと思います。

 検査が終わると、入社手続き等の書類作成があります。
指示通りにやっていれば簡単です。
なので特に悩むものはないのですが、問題なのは検査のときに引っかかった人です。
再検査を実施し、それでもダメな人は・・・即刻お帰りいただくということになりますが、
みんな一斉に大会場で書類作成をしていると職員の人がウロウロしはじめます。
明らかに誰かを捜しています。
そしてターゲットの背後で止まり、ポンポンと肩を叩く・・・。
・・・これこそが退場の合図です。
叩かれた人は職員に連れて行かれますが、
それっきり二度と会場へは戻ってこないという・・・
(つまり即荷物をまとめて帰される)
まさに期間従業員応募者にとって恐怖の時間です。
検査のとき心当たりがなくても、実際職員が自分の後ろに歩み寄ってくるとけっこう内心ビクつきます。
(まさか・・・俺か? 俺なのか!?みたいな。

 全ての検査・手続きが終了すると、職員から正式に入社決定の発表があります。
ここが期間従業員としてのスタートとなるわけですが、その前に大事なことがあります。
それは配属先工場発表です。
愛知県内に散らばる各工場のどこに配属されるかによって、その後の生活は大きく変わるといっても
過言ではないと思います。
検査をくぐり抜けた応募者のうち、多数は田原工場に配属されることが多いそうですが、特に初めて
期間従業員に応募した若いor体力のある人が田原になる確率が高い
とのことで、どういう人がどの
工場へ行きやすいかという情報を入手したら、このことについてまた改めて書きます。
ちなみに期間従業員経験者は、事前に希望配属先を伝えることができるそうですが、これについても
再度期間従業員に応募して情報を得てからアップしたいと思います。
かつてはある程度希望を述べればその通りになることが多いと聞きましたが、現在では・・・?
入社決定の発表後、その日の夕方〜夜にかけて全員の配属先工場が大きく貼り出されますので、
メシや風呂の帰りにでも見ておきましょう。

 さて、配属先が決まると翌日から移動が始まります。
その様相は民族大移動、いや
さながら大量に囚人を乗せた護送バスの如し。
特に田原地区へ向かうバスに乗り込む者は、半数近く目が死んだ魚のようw
本社地区の人は田中清風寮へ入る人がいると思いますが、その場合荷物を抱えて徒歩移動です。
寮に入ったならば、寮務員さんに寮の説明を受けて部屋に入ります。
各寮の部屋等の設備についてはピンキリなので一概には何とも言えませんが、最近は洋間6畳に
ベッドというところが多くなってきているようです。
和室に当たった人は運が悪かったと諦めましょう。たいていボロいです。
あと言い方は悪いですが、寮務員さんも当たりハズレがあります。
当たりっぽい人と仲良くなっておくと、後で困ったとき色々と助けになってくれますがそれはご随意に。
俺も歯医者探すとき等、色々お世話になったある寮務員さんがいました(第5田原寮)
所属していたGLとは今後二度というか来世でも会わないことを祈っていますが、
(↑あくまで自分の上司としてですよ・・・)
その寮務員さんとお別れするのは寂しかったなぁ・・・。




では、その翌日はいよいよ初出社ということで、次回に続きます。
ここを見てくれた方からの情報提供や質問のメールをお待ちしています。
俺のアドレスは→の下らへんに書いてありますので。


まず最初に。
これから掲載する「トヨタ期間工チョイネタ集」は、俺の経験と他の期間従業員からの
情報提供により書き進めていきます。
よって、「トヨタ期間工チョイネタ集」の内容は必ずしも正確とは言えません。
「これから期間従業員になる」もしくは「現在期間従業員である」という人に限らず、
ここに書かれた内容が原因となるいかなる損害が発生しても当方(黒犬及び情報提供者)は
一切責任を負いません。


ぶっちゃけ、
「ここに書かれた内容を信じて、あなたが痛い目にあっても俺(と情報提供者)は
 一切責任を負いませんよ」
ということです。

 でもなるべく正確かつ実際に役立つように書くので、もし「ここは違う」とか、
「実はこうだ」等の批判・意見がありましたら、黒犬までメールください。
「みんなで知恵を寄せ合って、楽しい期間従業員生活」をモットーにしていきたい
所存ですのでよろしく。

 あと、トヨタ正社員とか関連会社の人からの情報もお待ちしております。
「世界のトヨタ」を下支えする期間従業員達に是非とも愛の手をw

 当然ながら社外秘やその他公開できない事項については記載しないつもりですが、
「ここは記載しないほうが良い」という事柄があったら至急メール下さい。
訴えられないうちに速攻削除します。

 最後に。言い訳がましいですが、ここに書かれた内容は全て「公開されている事項」、
もしくは一般的に「公然の事実」であること、または黒犬及び情報提供者の「推論」
によって成り立ちますので、内容のとらえ方によっては批判的・中傷と判断される方も
いるかも知れませんが、黒犬及び情報提供者はトヨタ自動車株式会社に対して、批判・
中傷する意志を持ちません。

・・・何か弱腰だな。
でもこーやって書いておかないと、面倒ごとになったとき厄介だから。
一応ここのスタイルとして意思表示しておきます。


では、あまり大したものじゃないですが、気楽にお読み下さい。






トヨタ期間従業員チョイネタ集 その1


1 基礎知識編


(1)期間従業員とは?
 これはHP見た方が早いです。↓参照。
http://www.t-kikan.jp/
↑見た後に田原へ飛ばされた日にゃ、その住環境の落差にショックを受けること間違いなしw
 現在、「トヨタは好調=愛知は好景気」と言われている中、いつでも期間従業員は
雲霞の如く募集すると思いきや、必ずしもそうでもないようです。
俺のいた組のベテラン正社員曰く「昔は1月〜3月は忙しかったし、期間従業員も
多かったけど、今は秋が忙しいな」とのこと。

 つまり1年を通してみると、多く募集する時期とそうでない時期があるということです。
ということは特別報奨金のある時期はトヨタにとって「とにかく人手が欲しい」
時期であると言えます。
また特別報奨金はだいたい9〜11月入社者が対象になるパターンが最近多いということと、
概ねここ2〜3年の間は4〜8月についてはあまり忙しくない時期のようです。
これは他の自動車会社でも同様らしい(ホンダに行ったことがあるという人から聞いた話)
ので、自動車業界で共通のサイクルかも知れません。
といっても、折角面接をしていざ着任したら入社できなかった・・・ということはまずない
と思われます。(健康診断に引っかかった場合等を除く)


(2)いくらぐらいもらえる?
 期間従業員になるにあたって、一番関心の高い事項と思われる賃金関係。
新聞や求人誌で見ると魅力的な給料ですが、実際本当にそんなにもらえるの?
・・・と誰もが考えるでしょう。
はっきりいうと
「そんなにもらえるかも知れないし、もらえないかも知れない」
ということです。
え? 分かりにくい?

 では賃金体系については間違ったこと書けないのでHPを参照してもらうとして、
実際のもらいはいくらなのか?
そこで賃金に関わるファクターとしては以下の事柄が挙げられます。
  ア 基本給・・・意味としてはそのまんま。
  イ 勤務体系・・・2交代制か3交代制または常昼勤務なのか。
  ウ 残業時間・・・これもそのまんま。
  エ 深夜・時間帯勤務時間・・・つまり早朝とか深夜に勤務した時間。
  オ 入社回数、勤務年数・・・基本給に上乗せされます。
  カ その他・・・特別報奨金、各種手当、
          あと何か良いことするとくれる手当(改善提案・不具合発見等)
  キ 税金等の控除・・・所得税・雇用保険・健康保険・年金保険の分が
             差し引かれます。金額については↓参照。
これらを全て総合した結果、支給額が定まりますが、このうちウの残業時間及びエの
深夜・時間帯勤務時間については、はっきりいって配属された組によってまちまちです。
まぁ当然といえば当然ですな。
なので、ここで重要なのは新聞・求人誌等に記載された給与(例:20万円〜25万円)
というのをそのまま鵜呑みにしてしまいがちということです。
 これは何も広告自体に問題がある訳ではなく、良く読めば分かることですが、
広告のどこかに「残業時間10時間〜20時間の場合」(例)という具合に書いてませんか?
これは結構重要な事を暗示していますよ。

 というのも、たいていの部署では残業がありますが、部署によっては極端に残業が多いor
少ないところがあります。
さらに、期間従業員で行ったという話は聞かないのですが、万が一常昼勤務の部署に配属され
た場合は「深夜・時間帯勤務時間」というものがありません。
もし常昼勤務になったら運が悪かったものと諦めましょう・・・(実は救いの手アリ 後述)
 ちなみに俺のいた組では残業は月20時間超えが普通でした(MAX27時間/月)が、
ちょっと離れたところにある別の組では、ほとんど毎日定時終了で残業なしというところが
ありました。

 そこで、面接を受ける前に賃金の計算をするならば「残業時間ゼロ」のパターンを考えて
おくのがベターだと思います。
あくまでも最悪のケースですんで、あまりこういうことはないと思いますが・・・。
 俺が言うまでもないことですが、入社した後で「こんなはずじゃなかったのに・・・」と
後悔しないためにも、賃金試算は細かくシミュレーションしておきましょう。

 税金等の控除関係ですが、俺の場合(27歳独身男)で月々合計3万2千円ほどでした。
年金とか健康保険は年齢等によって変わるんだっけか?
どうもそこらへんは詳しくないので、自前で調べてみてください(投げ槍)
工場の食堂で食べた分の食費も控除されますが、そのシステムについては後述。
 基本給与以外の手当類についてもHP参照。

 もう一つ重要な事項として、「最初の給料はいつ支払われるか」ということがあります。
実際これを軽視して、最初の1ヶ月泣きを見た人がいましたので、結構重要です。
 最初の給与は「着任した月の翌月の給与日」に支払われます。
トヨタの給与日は25日(25日が土日の場合は金曜日に支給)
例:4月10日に入社→5月25日
つまり、上記の場合、1ヶ月以上待たなければ給与は支払われません。
(入社後約2週間で支払われる手当を除く)
何故こうなるかというと、トヨタでは働いた月の給料は翌月の支払いになるというシステム
なっているからです。(4月勤務分は5月の給料となる)
よってなるべく生活費を節約したいのならば、この場合は4月末日に入社するようにしなければ
なりません。
着任から入社までの流れは次の面接・入社編に記載しますので参考にして下さい。

 余談として、当然ながら欠勤すればその日の基本給が差し引かれますし、遅刻もその時間分は
基本給から差し引かれます。
満了慰労金・報奨金も減り、月給も減りますので結構ダメージが
大きいです。
あと月々の給与計算の締め日は毎月20日らしいですが、誰か詳しい方教えて下さい。


(3)ライン作業って初めてなんだが・・・?
 配属される部署によってはライン作業ではないこともあります。その辺は面接官に聞いても
いいですが、経験者か現役の人に聞いた方が良いと思います。
 ライン作業になったとしても、入社時の健康診断をパスしたのならば問題は無いでしょうが、
一口にライン作業といっても、ものすごく多数の工程があり難易度もピンキリです。

 最初からそんなに作業量や作業の良し悪しを求めることはないと思いますが、しばらくして
慣れてくるといつの間にか作業量を増やされたりします(ToT)
さらにそれにも慣れてくると、作業しながら頭は別の事を考えはじめます。
そのうち考える事すら無くなって無の境地に至りますw
動作も最初はぎこちなく、むちゃくちゃ疲れる日々が続きますが、段々と無駄な動作を省くこと
によって、まるで川の流れの如くなめらかな動きになっていきます。多分。
(↑当社比。慣れるまでは個人差があります)
あ、俺の場合はちゃんと手は動いてましたよ。ちゃんと品質チェックもしてましたし。

 あと、もしミスしたら正直にすぐ報告しましょう。黙ってると後から
「おい、昨日○○(工程名)でチェックしなかっただろ? 廃車になったぞ、あれ」
と肩を叩かれることに・・・。
(廃車・・・つまり完成車として使用できないくらいのミスになると、その工程の時点や車種にも
よりますが、かなり大きな金額がパァになります。ライン作業をする上で一番痛いミスです)
 廃車を出すと、そのミスによっては所属する組等の伝説に残ってしまいます。
後世まで語り継がれることのないよう、十分気をつけましょう。
(当然、意図的にミスをした場合は自分で責任を取ることになります)

(4)着任時、持って行く物は?
 ちゃんと面接時に面接官が教えてくれます。
正式に入社して寮へ入るまでは仮の寮で過ごすことになります。
どうせすぐに転寮するので、あまり多量の荷物を広げないようにしましょう。
転寮までは必要最低限の衣類と、洗面・風呂道具くらいのもので十分生活できます。
 あと、何故かプラ製の洗面器が支給されます(いつでも支給するのかは不明)ので、
折角ですから活用しましょう。

 またこれも面接官から言われると思いますが、荷物は一つまでなら無料で送ることが出来るので、
ちゃんと出発前に発送しておきましょう。タダですんで利用しない手はありません。

 愛知県が初めての人は、名古屋に到着したら、まず無料配布の鉄道路線図と観光用のマップを
入手することをお勧めします。
これらは名古屋駅内の案内所で入手できます。
また駅周辺巡回中の警察官の人達は、何故か駅周辺の宿泊ホテル一覧表を持っていることが多い
ので、もし名古屋で一泊するならば何気なく聞いてみるのも手かと。

次は面接・入社編です。文中で後述とあった部分については後々アップしていくので気長に
待って下さい。
後、情報提供は随時募集していますので、些細な事でも気軽にメールで教えて下さい。